複雑な法律について

知識が必要な法律の事

トップ / 知識が必要な法律の事

法令と法律の関係情報

債権譲渡と法律上の優劣関係

債権も不動産や動産と同じく第三者に譲渡することが法律上認められています。しかし、物権とは異なり債権は「所有する」ことが観念できないため、容易に同一の債権が二重譲渡されるおそれがあります。この場合、債権の譲受人はどのように優劣を付ければよいのでしょうか。この点、判例は債務者への通知が早く到達した方が優先するとしています。なぜなら、民法上債権譲渡は債務者に情報を集約する事を予定しているため、対抗関係も債務者の認識を基準とするべきだからです。これを債務者インフォメーション理論といい、債権譲渡の譲受人は法律上迅速に通知を出すことが要求されます。

民法と刑法を理解する

私達の社会は大勢の人が集まって形成されています。その中で秩序を守るために行使されるのが如何なる権力にも屈さない絶対性を持っている法律です。私達の身近なものとしては、故意に犯罪行為を行ったり故意でなくとも結果として犯罪行為を働いてしまった場合などに行使されるのが刑法です。また、私達は生活していく上で社会的な義務や権利を背負い、時にはそれらを主張することもあります。そうした場合に行使されるのが民法です。これら以外にも法律は存在しますが、私達の生活の秩序はこの性質の違う2つのルールによって成り立っているのです。これらを理解することによって思わぬ落とし穴に落ちてしまう、ということも避けられるかもしれませんね。