未成年と法律の色々

未成年の法律行為について

トップ / 未成年の法律行為について

法令と法律の関係情報

未成年の法律上の地位

未成年者とは、20歳以下の者を指しますが、法的には成年とは違う取り扱いを受ける場面が存在します。主な例として法律行為に関する制限があります。これは、契約等のことを言いますが、このような行為を行う際には、保護者等の同意を得て行う必要があります。例えば、小遣いの範囲を超えるような金額の買い物を自由にすることはできません。もし、保護者等の同意なくこうした行為を行った場合には、その行為を取り消すことが可能です。しかし、成年でないことをあえて隠した上で法律行為を行った場合には、取り消しができなくなる場合があることに注意しておく必要があります。

未成年のトラブルについて

最近では未成年が加害者になる事件も増加しています。保護者が責任を負わなければいけないということもあるのですが、ある程度の年齢に達している場合には、自分でしっかり考えることができるはずなのです。しかし保護されるべき存在でもあるので、法律違反を犯した時には、しっかりとした処罰も受けなければいけません。トラブルが生じた際にも公平な対応で律に従って処分を受けなければいけないということもあるのです。専門の人ではないと分からないことがあるので、弁護士や司法書士などの法律の専門家を紹介してもらったり、探して対応をしてもらうと良いです。