法令のうちの法律

法律のより細かい決め事は

トップ

法令と法律の関係情報

法律と法令の違いはどこに

士業は高度な法律の専門知識を有しているものを言い、独立して業を営むことが出来る人です。弁護士・税理士・公認会計士・社会保険労務士と、最後に士が付いていますので、サムライ業とも呼ばれています。かれら士業は、世の名の情勢に対処するための規則の改正が度々ありますので、絶えず勉強を欠かすことが出来ません。ところで法律は国会の議決で成立したものをいうのに対し、それを具体化するために内閣が定めたものを省令、規則は更に下部の機関が定めたものです。その他地方自治体が定めたものに条例があります。これら省令・条例・規則を含めて法令という言葉で呼ばれています。

法令に含まれる内容について

法律は、国会で国会議員の議決により可決させて制定するものです。民法や刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法など様々な種類があり、それらを破った場合には、相応の罰則があることも記されています。もちろんその上には、日本国憲法があり、それに背反するような内容では制定することができません。法令と呼ばれるものには、この法律の他、内閣で制定される政令や各省が制定する省令、そして、地方自治体である都道府県や市町村が制定する条例に至るまでのあらゆる規則が含まれます。かなり細かいところまで制定されているため、その分野の仕事をする場合はそれらを把握しておくことが重要となります。条例は、国で制定された内容に背反するような条例を制定することはできません。